アフターコロナ VR動画の活用について【VR】【飯塚 ジム】

アフターコロナの時代

どうやってお客様に物【商品】、事【説明】などを伝える?

どうやって体験していただく?

VR(バーチャルリアリテイ)であれば 離れていた場所でも

実際にその場にいるような体験が可能です。

今回は地元のトヨタ車の販売店にご協力いただき

VR動画の撮影をさせたいただきました。

VRゴーグルを装着してみると、自分自身が実際に車に乗っている感じで

トヨタ販売店の方からの説明を聞くことができます。

もちろん携帯でそのまま見ても、携帯をスワイプ(指で画面を前後の移動)すると

車内の様子を見ることができます。

 

https://youtu.be/tqs1YULDAks 【VR動画】

こちらは佐賀にある旅館です。

部屋の様子をVR(バーチャルリアリテイ)の動画を見ることができます。

宿泊する前に、部屋や料理を確認することができます。

またそこに行ったような体験もすることができます。

 

https://youtu.be/WJEmeGu6mDk 【VR動画】

では具体的にどんな活用があるでしょうか?

メーカーのショールーム(福岡)に行ったけど、気にいった商品は東京にしか

展示していない場合でも、VRで事前に東京の商品を撮影していれば

福岡でバーチャル体験ができます。

ブライダルで式場探しも自宅やショップで式場をバーチャル体験できます。

またどんな結婚式になるのか体験もできると思います。

飲食店なら自慢の料理を目の前に提供して、行きたい気持ちが倍増するかも

しれません。

お客様に説明が必要な場合も、説明が上手な方の動画を1度撮影していれば

バーチャルリアリテイの動画をお客様にお見せするだけで

お客様はとてもご理解いただけるかもしれません。

またスタッフに対して、動画を何度も見ていただければ社員教育にもなります

生産性もあがり、コストも抑えることができるでしょう。

介護施設ではバーチャル旅行体験を利用者さんに提供できます。

観光バスでもバーチャル体験で、バスの車内がバーチャル体験施設に変化するかも

しれません。

ものづくりでも職人さん目線で、道具の使い方や製作過程を見せることができれば

とてもわかりやすい動画を作ることを見ることができるでしょう。

モデルさんや俳優を目指している方も、VR動画ならあなたを更に身近に感じることが

できるでしょう。

お子様が小さな頃に撮影していれば、数年後もタイムスリップした感覚で

お子さんが小さな頃をリアルに見ることができます。

家族の方の記憶をバーチャルリアティで残しておくと感動も倍増します。

VR動画を使ったメッセージ動画なら遠くに離れた方も身近に感じることができます

今回 洗面化粧台をご自宅でリアルに見れるような動画を製作しました。

QRコードを読む込むと動画を見る事ができます

動画は指でスワイプすると見たい角度で見ることができます。

またVRレンズやゴーグルを使用すると立体視できます。

幅広い年齢層の方に分かりやすく伝えることができ、説明の必要な動画には最適です

 

VR動画の可能性は無限大なのです。

可能性を形にしましょう!!